テキスト ボックス: 遺産分割の概要

 

 

 

 

 

 

相続発生により、相続財産は、共同相続人の相続分の割合で共有された状態になり、遺産分割協議により、各共同相続人の個別財産としての

 

帰属が決まります。法定相続分にかかわらず、全員の合意があれば、自由に相続分を決めることができる場合もあります。

 

一方、遺言により、5年を超えない期間で遺産分割を禁止することもできます。

 

遺産分割協議で決めた相続財産の分割は、第三者の利害を害する場合以外は、相続発生時に遡って有効となります。

 

   遺産分割にいついて民法に定められています。

 

 

参考条文 民法906条、908条、909条

 

(遺産の分割の基準)

第九百六条 遺産の分割は、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮してこれをする。

 

(遺産の分割の方法の指定及び遺産の分割の禁止)

第九百八条 被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から五年を 超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。

 

(遺産の分割の効力)

第九百九条 遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。

 

 

 

免責 当サイトは、あくまで参考用の情報です。法規法令をご確認下さい。

        当サイトの情報により損害を受けても当事務所は一切責任を負いません。

 

 

 

ごあいさつ 特設サイトについて 感染症拡大防止への取り組み 4遺言、相続とは  5業務の流れのご案内 6報酬、諸費用等のご案内 7ご本人様確認について 

見積もり検証サービス 9豆知識   10一問一答コーナー 11 不動産がある場合の対応  12行方不明の相続人探し  13索引 14事務所概要 15個人情報保護方針の案内  

16特定商取引法に基づく表記  17リンク集

 

遺言 相続 不動産 川崎市多摩区 行政書士枡形山法務事務所